本気の留学、ワーホ 情報ブログ

留学カウンセラーをして約7年。 日々更新される世界中の学校の情報を学びながら、お客様に合ったプランを探し、紹介してまいりました。 留学と一言で言っても期間やプログラムは人それぞれで、同じ留学は1つもないと感じます。 この仕事を通じて得た経験や知識をもとに、留学についての情報を提供します♪ 少しでも本気で留学をお考えの方のお役に立てれば幸いです…*

【スポンサーリンク】

ホームステイ失敗談から学ぶ!こういう時はどうする?

ホームステイ失敗談から学ぶ!こういう時はどうする?

 
留学にはつきものといってもいいほどよく耳にするホームステイ!
 
体験してみたいけど、なんだか緊張するし
当たりはずれがあるともいわれていたり・・・
いろいろな噂がありすぎて実際どうなのか、
気になるけど不安、と思っている方も多いのではないでしょうか?
 
今回はホームステイ滞在をできるだけ有意義に、
ホストファミリーと仲良く過ごすコツをご紹介します!!
 
 
 
■シャワーを浴びていたのに、ホストマザーに突然電気をけされてしまった・・・
 
 
・留学生の気持ち
あまりまだ英語がしっかり話せてなくて意思疎通もとれてない。
嫌われてるのかと思うと、もっと話しづらくなってしまった。
 
 
・ホストマザーの気持ち
電気をつけっぱなしにされたと思っていた。
中に入ってるとは知らなかったし、その後も気が付かなかった。
普段からおとなしく、あまり話さないのでどうしたらいいかなと思っていた。
 
 
☆解決方法☆
ホストマザーは気づかなかっただけで、わざと消されたわけではなかったようです。
さすがにわざと消すような陰湿なことをするホストじゃなくてよかったです。
ホストの間違い、留学生の勘違い。誰にでも間違いはあります。
問題は、普段から意思疎通をあまりとっていなかったところにあります。
 
英語やホームステイ生活にまだ慣れていなくても、勇気をもって話しかける。
わからないことはわかるようになるまで聞く。遠慮はしない。
ホームステイをする上でとても大切なことです。
簡単なことではありませんが、せっかく時間とお金をかけて行っているんです。
初心を忘れず、自分の目的は英語を話すことじゃないのか!と自分に言い聞かせて
チャレンジしてみましょう。
 
例えばこの場合、電気を消された瞬間に
『わっっ!』とか『きゃ~( ;∀;)』など言えていたら
ホストも気づき、『ごめん~~!!!』と逆に距離が縮まったかもしれませんね♩
 
 
 

 
 
■水道を出しっぱなしにしてしまい、ホストファザーにおこられてしまった・・・
 
 
・留学生の気持ち
部屋の近くの洗面所とシャワーを使っていいよと言ってくれたけど
洗面所の蛇口の使い方が難しい。まだ慣れていないのでちゃんとしまっていなかったようで
出しっぱなしだとファザーに怒られてしまった。
言い訳もできず、謝ることもできずなんだか消化不良・・・
 
 
・ホストファザーの気持ち
留学生からお金はもらっているものの、電気代や水道料金を払っているのは私たち。
人の家だからと無駄に使わないでほしい、と思って少し怒ってしまった。
 
 
☆解決方法☆
留学生のミスではあるものの、悪気はなく仕方ないことですね。
水の出しっぱなしはよくはありませんが、生活に慣れていなかったから起こった単なるミスです。
とっさに上手く事情が話せないのも当たりまえです。
でも、水を出しっぱなしにするというもったいないことをしてしまったのも事実。
この場合は『Sorry!』とならすぐに言えたはず。
その後、しっかり自分の頭の中で文章を作って、わからなければ辞書を使ってメモもしましょう!
その後、ファザーにしっかり伝える。
『さっきはごめんね。生活に慣れていなくてつい水が出ていることに気づかなかったの。でも今後は気を付けます。』
きっと、ファザーも強く言い過ぎたかな。。。と思ってくれるでしょう。
そして2人の距離も縮まるはずです♩英語の勉強にもなります。
こうして日常生活の中でも、英語力をつけれるようにするといいですね。
 
 

 
 
なんとなくホームステイの日常がみえてきましたか?
ホームステイ失敗談☆
またご紹介させていただきます!