本気の留学、ワーホ 情報ブログ

留学カウンセラーをして約7年。 日々更新される世界中の学校の情報を学びながら、お客様に合ったプランを探し、紹介してまいりました。 留学と一言で言っても期間やプログラムは人それぞれで、同じ留学は1つもないと感じます。 この仕事を通じて得た経験や知識をもとに、留学についての情報を提供します♪ 少しでも本気で留学をお考えの方のお役に立てれば幸いです…*

【スポンサーリンク】

留学に必要なビザの種類は?オーストラリア編

留学に必要なビザの種類は?オーストラリア編

 
 
 
 
 
私たちが他の国に滞在するには、査証(ビザ)が必要な国があります。
 
今回はオーストラリア滞在に必要なビザの種類をご紹介します!!
 

 
 
●ETAS/イータス(観光ビザ)
観光、商用どちらの渡航目的であっても3ヵ月以内であればこのビザで滞在可能です。
電子ビザなので、オンラインで申請、取得が可能です。
 
オーストラリアへ旅行に行く際や、3ヵ月未満の留学であればこのビザです。
 
 
【申請方法】
・オーストラリア大使館HPより申請
・ETAS申請代行会社へ申請代行を依頼  ☆ETASはこっちの方が安い☆
■大使館HP   https://japan.embassy.gov.au/  
 
 
 
【申請条件】
・申請時オーストラリア国外にいること
・健康であること
・犯罪歴がないこと
 
 
 
【申請料】
・オーストラリア政府のオンラインシステムを使た場合、約20ドル
・代行会社に依頼した場合 ¥500~(会社によって異なります)
 
 
【有効期限】
ETASが許可されてから1年間
(パスポートの有効期限が1年未満の場合は、パスポートの期限まで)
 
 
 
出入国制限】
有効期限内であれば、何度でも出入国が可能
 
 
 
【滞在制限】
3ヵ月以内であれば滞在可能
 
 
 
【禁止事項】
就労(アルバイト)、3ヵ月以上の滞在
 
 

 
 

 
 
●ワーキングホリデービザ
ETASよりも長期で滞在が可能で、オーストラリアで学校に行きながらアルバイトも可能と人気が高いビザ。
年齢制限があることはご存知の方も多いかと思いますが他の条件も良く確認してみましょう!
 
 
 
【申請方法】 
・オーストラリア大使館HPより申請  ☆こっちの方が安い☆
・ビザ代行申請会社へ代行申請を依頼
■大使館HP   https://japan.embassy.gov.au/
 
 
 
 【申請条件】
・18歳~30歳のかた
※30歳で申請が受理されていれば31歳での渡航でもOK
・オーストラリアのワーキングホリデービザを初めて取得する方
・当初の滞在費、帰国のための航空券を買う資金を持っている方
・子供を同伴しない方
 
 
 
【申請料】 
・申請料  455.94ドル 
(代行会社へ依頼する場合はこれに代行手数料がかかります)
 
 
 
【有効期限】 
・ビザを取得してから12ヵ月以内に渡航すること
 
 
 
【滞在期間】
渡航してから1年間滞在が可能
条件を満たせば、セカンド・サードビザの申請も可能(最大3年間)
 
 
詳しくはこちら↓

 
 
 
【就学期間】
最大17週間就学が可能
(就学なしでもOK)
 
 
 
【就労期間】
同じ雇用主のもとで最大6ヵ月間就労が可能
条件を満たせば同じところでも6ヵ月以上の就労が可能となります
 
 
 
出入国制限】
有効期限内であれば、何度でも出入国が可能 
ただし、オーストラリア国外に滞在中でも有効期限はカウントされ短くなっていきます
 

 

 
●学生ビザ
3ヵ月以上就学される方はこのビザです。
1年間の語学留学等がこれに当てはまります☆
こちらはワーキングホリデーのように1年間等の期間で決まるわけではなく
学校に通う期間だけ滞在許可としてビザがおりる、という感じです。
 
ビザの申請には、学校からの書類が必要になりますので
必ず学校の申請からスタートとなります。
 
 
【申請方法】  
・オーストラリア大使館HPより申請  ☆こっちの方が安い☆
・ビザ代行申請会社へ代行申請を依頼
『オーストラリア大使館HPより申請』の場合は、いわゆる自己申請です。
HPは英語なので、あまり自身がない方は代行申請をお勧めします!
■大使館HP   https://japan.embassy.gov.au/
 
 
【申請料】 
・申請料  582.59ドル 
(代行会社へ依頼する場合はこれに代行手数料がかかります)
 
 
 
【有効期限】 
・ビザがおりるのは、学校に通う予定の期間のみ
 
 
 
【滞在期間】
ビザに記載された日付まで滞在が可能
(日付を超えた滞在は不法滞在となります)
 
 
 
●ちょっと体験談
お客様には ”ビザは早めに申請しましょう!” と常日頃から言っているにも関わらず、
自分がオーストラリア旅行に行くときにETASの申請を忘れそうになったことがあります。
 
ETASの申請は最低でも出発3日前といわれています。
登録するだけですが、システムに反映されていないといけないので
代行会社などでは余裕をもって1週間まえに、といわれることが多いです。
 
私が申請していないのに気が付いたのは前日の夜・・・*1
お客様のビザのことは考えれるのに、すっかり自分のことは気にしていませんでした。
 
しかも夜の21時。
仕事終わって、明日からちょっと息抜きにオーストラリア☆彡
あれ?何か忘れてるかも、、、と気づきました。
 
自分の会社でも登録できるのですが、
さすがに前日の夜に申請して間に合うかわからず、恥ずかしながら他の代行会社を調べてみました。
どんなに急ぎでやってくれる会社も『最短2日!』とか。
しかも21時過ぎにやってる会社ありません。
 
仕方なく、オーストラリア大使館のHPから20ドル払って直接申請しました。
 
事前に自分の会社でやっていれば費用はかからず。
もしくは、ほかの代行会社に依頼しても安いところだと約500円。
 
留学会社で働いていながら、馬鹿なことをしてしまったな~
というお話です。($・・)/
 
無事、翌日出発できました!
 
 
 

www.kaigai-ryugaku.info

 
ビザ取得に関する条件や申請方法は変更になる可能性があります。
また、ビザ取得についてはあくまで大使館判断です。
取得できなかった場合等についてはわかりかねますのでご了承くださいませ。

 

*1:+_+