本気の留学、ワーホ 情報ブログ

留学カウンセラーをして約7年。 日々更新される世界中の学校の情報を学びながら、お客様に合ったプランを探し、紹介してまいりました。 留学と一言で言っても期間やプログラムは人それぞれで、同じ留学は1つもないと感じます。 この仕事を通じて得た経験や知識をもとに、留学についての情報を提供します♪ 少しでも本気で留学をお考えの方のお役に立てれば幸いです…*

【スポンサーリンク】

留学先の日本人率、気にする?気にしない?

f:id:ryugaku-kaigai:20181224234421j:image

留学について考え始めた方は、

留学会社を調べて、どの学校にするか考えていますよね。

 

学校選びのポイントとして、日本人が多い学校と少ない学校どちらがいいか・・・

誰もが考えることです。

 

 

 

私が日々カウンセリングをしていて感じるのは、

圧倒的に日本人が少ない学校に行きたい!という方のほうが多いことです。

 

 

それだけ向こうに行ったらしっかり勉強しよう!という気持ちが強いのだと思っています。

 

日本人が多いと、つい気が緩んで日本語を話してしまいそう、、と思っているからでしょう。

 

 

 

日本人がゼロの学校はほとんどありません。

もしあったとしても、自分と同じ時期や在学中に日本人がやってくるかもしれません。

 

なのでみなさんが日本人が少ない学校を希望する気持ちはよくわかります。

 

 

【日本人が少ない学校の特徴】

 

日本人が少ないと、それだけ日本人の方に接する機会も減り

もちろん日本語を話すこともすくなくなります。

 

学校には数人の日本人がいたとしても、自分のクラスには自分以外の日本人がいなかったらラッキーです。

 

他の日本人の方と程よく距離がとれたらいい環境になります。

 

日本人が少ない学校では、周りのみんなが日本に興味を持ってくれます。

日本ってどんな国?日本はここから何時間?日本って誰が有名?

いろいろ聞かれます。

事前に日本について勉強してみたり、話すことを用意しておくと

楽しくコミュニケーションが取れますよ!!

 

 

その反面、日本人が少なすぎるとさみしく感じる時もあります。

日本人が恋しくなって、数少ない日本人と仲良くなって毎日一緒に行動してしまっては意味がありません。

 

 

【日本人が多い学校の特徴】

 

日本人が多い学校では、1クラスに2~3人日本人がいたり

日本語がたまに聞こえてきたりということがあります。

 

日本人とは話さないと思っていても、全国各地から来る日本人の方に出会うと

話したくなりますよね。

なぜこの国に来たのか?なぜこの学校を選んだのか?何ビザできてるのか?

 

何人もいると、気の合う日本人の友達もできるでしょう。

新しい友達が増えて学校も楽しくなります。

 

授業中は英語でしっかり勉強するけど、休み時間や放課後は日本人同士で集まる。

何も悪いことではありませんが、本気で英語を勉強しに行くならこの状況は避けたいですね。

休み時間や放課後も英語力を伸ばすチャンスです!

お金も時間もかけて来ている留学期間を無駄にしないようにしましょう!

 

 

本気で日本人とは話さない!と心に誓い

日本語で話しかけられても英語で答える、か

ごめんなさい、日本語は話さないようにしているんだ。

と言える勇気を持っていければいいかもしれません。

 

 

【母国語禁止の学校】

 

安心してください。

日本人が少ない学校ばかり選ばなくても

最近では、母国語禁止の学校がすごく増えてきています。

 

しかも守れなかった時には、ペナルティが課せられるのでみんなしっかり守っていたりします。

 

 

母国語禁止ということは、学校の敷地内では日本語禁止です。

日本人だけでなく、他の国の生徒さんも母国語禁止なので

みんなで頑張って英語を話すいい環境ですね。

 

日本人同士でも英語で会話しないといけません。

日本人と英語でって少し照れくさいですよね・・・( ..)φ

だったら他の国の方と話そう!と思っていろんな国の友達ができるともっといい環境になりますね。

 

ただ、母国語が禁止なのは学校の敷地内だけ。

日本人の友達が多すぎて学校外で日本語の環境にならないように気をつけなければなりません。

母国語禁止をあまり厳しく取り締まっていない学校であれば

英語以外の言葉が聞こえてくることも多々あります。

どんなペナルティがあって、どのように取り締まっているか確認したほうがいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでを総体的に考えると、

日本人が少なめの学校で、母国語禁止が徹底されている学校がいちばん、と思いますよね。

そこに自分の行きたい学校があれば文句なしです!

 

 

ですが、日本人が多い学校も悪いことばかりではありません。

そもそもなぜ日本人が多いか。を考えてみてください。

 

その学校が日本人に合っているからです。

 

日本人はどの国の方よりもきめ細かい所に気がつきます。

サービスやケアは世界一です。

そんな日本で育った私たちは、外国に行くと

『日本じゃこんなことありえない。。。』と思うことがたくさんあります。

 

お店やレストランだけでなく学校の中でも言えることです。

生徒のケア担当のスタッフさんの対応が良くない。

全然こっちの気持ちがわかってない。

そんなこともあるでしょう。

 

 

日本人に人気の学校はこの問題がありません。

 

日本人が多い学校には他にも理由があります。

学校スタッフさんや先生のケア以外に

授業の内容です。

 

日本人はライティングやリーディングはできても

スピーキングやリスニングが苦手な方が多いですよね。

 

日本人に人気の学校では、

スピーキングに力を入れています。

日本ではなかなか勉強できないスピーキングを伸ばしたい!と日本人なら誰でも思いますよね!

 

 

こんな理由があるので、

日本人が多いからと言って悪い学校と思わないでください。

むしろ日本人に認められたとてもいい学校なのです!!

 

 

どの学校にもいいところ、ちょっと自分の希望とあっていないところがありますが

この記事を参考に自分は何を優先したいかを考えて決めてみてくださいね!

 

 

ryugaku-kaigai.hateblo.jp