本気の留学、ワーホ 情報ブログ

留学カウンセラーをして約7年。 日々更新される世界中の学校の情報を学びながら、お客様に合ったプランを探し、紹介してまいりました。 留学と一言で言っても期間やプログラムは人それぞれで、同じ留学は1つもないと感じます。 この仕事を通じて得た経験や知識をもとに、留学についての情報を提供します♪ 少しでも本気で留学をお考えの方のお役に立てれば幸いです…*

【スポンサーリンク】

意外と知らない 【有料エージェント】と【無料エージェント】の違い




【無料エージェント】ってよく聞きますよね。


 

ホームページを見てみると、無料のところは必ず書いてあります。
無料ではない会社はわざわざ書いていないので、
【無料!】とうたっていないところは大体無料ではない会社です。









●そもそも、何が無料なのか・・・?
何が無料かを、すごく簡単に言えば『手数料』です。



手数料が無料なんだったら、その方が絶対にいいじゃないか!
と思われますよね。


 
ですが、注意してほしい点もいくつかあります。
詳しく見ていきましょう!





 
●手数料とは、、、
会社によって言い方や、料金が違います。
契約して、学校や滞在先を手配しる費用と言っていいでしょう。
手数料、手配料、手続き費用 等。




 
●細かい違い

無料エージェントは、費用面ではすごく魅力的です。

有料エージェントよりは安くなることがほとんどです。


その理由は、いくつかあります。




①サポートオフィスが現地にない
現地にサポートオフィスがなく、現地サポートもついてないが
その分費用を安くします。と言った感じです。




 
②レートがその分高い
学校の授業料は現地の通貨で計算されます。
それを、会社のレートで換算し、日本円にしてお客様に提示するのが基本です。



その、『会社のレート』が会社によって違うのです。


 
毎日変動する外貨のレートに、数パーセント上乗せします。
4%や5%のところもあれば、10~15%上乗せするところもあります。


無料エージェントは、この上乗せの比率が高めで、10~15%だったりします。
手数料がないぶん、レートの上乗せのパーセンテージを高くしていると言う事です。
 


これはリスクヘッジと言われ、リスクを避けるための工夫です。
外貨のレートは常に変動し、時には大幅に上がったり下がったりします。





例えば、お客様から学費をご入金いただいた後に
何かの理由で外貨が急に高くなったとき、
お客様に再度差額をいただくことなんてできません。
そのリスクをへらす為、前もって数パーセント多めにいただく。という事です。
 





パーセンテージが高いことが悪いのではありません。
会社として継続させるには、どこかで利益を出さないとやっていけませんので。





気を付けていただきたいのは、費用と内容が合っているかです。
『サポートがない割に高い』、『費用重視しすぎてサポート内容を確認してなかった』
とならない様にしましょう。
 






●あなたはどっち向き??
 
・サポートが無くても費用が安い方がいい
・海外は何度かいったことがあるので、あまり心配していない
・留学が初めてではない
・とにかく費用を安く行きたい

⇒無料エージェント向き
 無料エージェントと有料エージェントで比べてみてください。
 
 




・費用もきになるが、サポートもしっかりしてほしい
・初めての海外で不安がいっぱい
・未成年の方
・費用より安心がほしい方

⇒有料エージェント向き
 サポートの充実したエージェントで相談してみてください。